家賃設定も住みやすさに関わってくる!

家賃設定借りる側にとってのポイント

賃貸物件を貸す側、借りる側、双方にとって、賃貸契約を結ぶかどうかを決める際の大きなポイントとなるのが、家賃設定です。借りる側が着目するポイントとしては、アクセスや設備を考えたときに適当なのか、家賃のほかに共益費等の必要支出はあるか、自分の収入に対して支払いに無理のない範囲かといった点です。

特に収入に占める家賃の割合は、住みやすさに大きく関わってきます。家賃の支出が大きければ、その分生活費や趣味、レジャー等に使える金額が減り、充実した生活を送りにくくなります。初回契約時に収入に対して少し背伸びをした家賃の物件に入ったものの、経済的な理由で生活しにくく、更新時や早い人では契約期間途中に退去してしまうケースもあるようです。

家賃設定貸す側にとってのポイント

では借りる側にとってのポイントを踏まえて、貸す側はどのような家賃設定をすればいいのでしょうか。まずアクセスや設備、築年数に見合った家賃を設定することが重要です。アクセスに関しては、周辺に新しい公共交通機関ができたりしない限り、年数を経ても変化は少ないでしょう。しかし築年数に関しては建物は年々古くなっていきますので、空室が出るようであれば家賃もこまめに見直す必要があります。

もう一つ住みやすい家賃を設定するうえでポイントとなるのが、一般的な平均年収や物価です。借りる側のポイントで説明したように、家賃が年収に対して高すぎることで、住みにくい物件となってしまうというケースも存在します。入居者を募集する地域や時期の景気や平均年収、物価等もチェックして家賃設定することで、住みやすい物件に近づくでしょう。

© Copyright Homes & Apartments For Lease. All Rights Reserved.