まずは良さそうな物件を絞り込むことが大切!

条件に優先順位を付けて物件を絞り込む

賃貸物件を選ぶ際には、膨大な部屋がある中で効率的に希望を叶えるため条件を付けて絞り込む方法があります。あまりにも厳しい条件を付けてしまうと、本来ならば内見に進むはずの部屋まで逃してしまうことになるので必要最小限に留めることが必要です。また、複数の希望条件がある際には優先順位を最初から付けることで、優先順位下位の希望を意図的に外して選び直すことも出来ます。絞り込みを行うことで希望の部屋をいち早く探し出すだけでなく、物件情報量が少ないために絞り込みにより漏れてしまう部屋を拾い出すことも可能です。賃貸物件探しに凝り始めるとつい条件を厳しくしがちですから、優先順位を付けつつ条件の緩和と追加を繰り返して希望の部屋に近い物件を探し出すと効率が良くなります。

内見する物件数を偶数にする

不動産屋に任せっきりとなると、内見する物件数として3部屋を勧められることが多いです。なぜなら、希望条件にやや合わない部屋と良いものの予算オーバーな部屋に加えて、最終的に勧めたい部屋を入れてくるからです。一方、内見する物件数を偶数にして4部屋案内や2部屋案内にすると、不動産屋が勧めるテクニックを使いにくくなるので物件選びの主導権を取り戻せます。内見数が2部屋ならば両方共に勧めたい部屋を案内しなければ、他の不動産屋に取られてしまうでしょう。また、内見数が4部屋ならばお勧めの部屋を1つだけでは決め手に欠けるので、少なくとも2部屋は本当に勧めたい部屋を入れてもらえます。不動産屋の思惑を少しだけ崩してあげると、良い部屋を案内してもらいやすくなります。

札幌北区の賃貸マンションは都内に比べて地価も安いので広々とした物件がリーズナブルな価格で借りられます。

© Copyright Homes & Apartments For Lease. All Rights Reserved.