賃貸物件を探すのは意外と大変なものです。自分好みの物件が上手く探せず、住み始めて後悔したことがある方もいるのではないでしょうか。今回は賃貸物件を探す上で重要になるポイントをいくつか紹介します。上手な探し方や、押さえておきたいポイントなどを解説していきます。

住みやすい物件の条件

賃貸物件を探す時は、まずどういった物件が住みやすいのかしっかり把握しておく必要があります。これが分かっていないと、どういう物件を探せば良いのか分かりませんよね。住みやすさの条件は人それぞれですが、必ずチェックしておきたいポイントを紹介します。

家賃設定も住みやすさに関わってくる!

賃貸物件を貸す側、借りる側、双方にとって、賃貸契約を結ぶかどうかを決める際の大きなポイントとなるのが、家賃設定です。借りる側が着目するポイントとしては、アクセスや設備を考えた…

設備で見ておくべきポイントは?

お風呂と聞いてユニットバスかどうかをチェックする方は多いですが、お風呂の機能にまでこだわっていますか?お風呂の機能でまず思い浮かべるのは「追い炊き」でしょう。夏場はあまり気に…

建物だけではなく周辺環境もしっかり見ておこう!

住みやすい賃貸物件を選びたい場合は、建物の立地や構造なども大変重要なポイントですが、周辺地域の環境も確認をしておく必要があります。一人暮らしを始める場合は、昼間だけでなく夜間…

賃貸物件の探し方

まずは良さそうな物件を絞り込むことが大切!

サイトと不動産屋さんは使いわけよう!

最終的には自分の目でしっかり確認!

内見をした方が良い理由

間取り図や設備内容などの情報だけで賃貸物件を選ぶと、後から予想していなかった問題が生じてしまうかもしれません。賃貸情報の広告をチェックしている際、現況優先という言葉に目を留めたことがある方は多いのではないでしょうか。現状優先とは、間取り図と実際の部屋の状況が異なっていたとしても現況が優先される、ということを表す言葉です。 その物件のオーナーが広告を出した後に部屋のリフォームを行った場合、変更が賃貸情報に反映されるまでには一定の期間が必要となります。このため不動産業界では、賃貸物件情報について現状優先とするのが、一般的となっているのです。 契約後に間取り図との違いに気がついたとしても、現状優先とされている限りどうしようもありません。このため、内見で実際に部屋を見てから契約を決めることが、とても大切となるのです。

内見時にチェックしておきたいポイント

物件の内見に行ったら、まずは事前に確認した間取り図等と相違がないかを確認しましょう。収納の有無やバスルームの仕様、キッチン設備等もチェックしておきたいポイントです。室内に問題がないことを確認したら、次は窓を空けて景観をチェックしてみましょう。大きな窓があっても、すぐ目の前に隣の家があってほとんど開けられない、ということがあるかもしれません。 アパートやマンションなどの集合住宅を借りる場合、できれば近隣の住人が帰宅している夕方以降に、内見をした方が良いでしょう。人の少ない昼間に内見をすると、普段どの程度生活音が聞こえる物件なのか、ということがわかりません。駅から物件までの道がどんな雰囲気か、街頭はあるかといった部分も確認しておきましょう。

© Copyright Homes & Apartments For Lease. All Rights Reserved.